日経エレクトロニクス 2007/04/09号

特集
Web 2.0でよみがえるPDA個人端末からネット端末へ

インターネットの新しいサービスを,パソコンと近い使い勝手で利用する——。こうした狙いを持った通信機能付きの携帯機器が日本でも登場し始めた。従来のPDAに携帯電話網への接続機能を追加しただけのように見える製品もあるが,目的は大きく違う。狙いはいわゆるWeb 2.0と呼ばれる新しいWebサービスの利用だ。(95〜102ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9883文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(95〜102ページ掲載)
Web 2.0でよみがえるPDA個人端末からネット端末へ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > PDA
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
update:18/07/30