日経エレクトロニクス 2007/05/07号

特集1 青紫で塗り尽くす
第2部<技術で競う> 光ヘッドから基板まで「安くて速い」を目指し大ナタ振る

次世代DVD装置の低価格化や高速記録対応を実現するために構成部品である光ヘッド,光源の青紫色半導体レーザ,そしてレーザ材料であるGaN基板のすべてに対して大ナタを振る。高速記録には光ヘッドでは光学系の光利用効率を高め,レーザでは光出力を現在の2〜3倍に高めるなどして対応する。低コスト化は,レーザの歩留まりを高め,さらにGaN結晶の生産効率を一気に上げて実現する。(52〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:16000文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 青紫で塗り尽くす(47ページ掲載)
青紫で塗り尽くすレーザが次世代DVDで飛躍
特集1 青紫で塗り尽くす(48〜51ページ掲載)
第1部<チャンス到来> 次世代DVDに標準搭載の流れ見えた年1億台市場
特集1 青紫で塗り尽くす(52〜63ページ掲載)
第2部<技術で競う> 光ヘッドから基板まで「安くて速い」を目指し大ナタ振る
特集1 青紫で塗り尽くす(64〜70ページ掲載)
第3部<レーザ開発者が語る>
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > レーザー関連技術
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > 光ディスク関連技術
update:19/09/26