日経コミュニケーション 2007/05/15号

編集長インタビュー 大阪大学総長 次世代高度ネットワーク推進
内蔵CPUの処理連携を強化,セキュリティ機能も拡充へ
宮原  秀夫 大阪大学総長 次世代高度ネットワーク推進会議会長

国内外を結ぶ実験用ネットワーク「JGN2」を生かし,産・官・学・地域の連携,および経済活性化と国際競争力の向上を図る「次世代高度ネットワーク推進会議」。この会議の会長であると同時に,日本を代表するネットワーク分野の研究者でもある宮原総長に,現状のIPネットワークが抱えている問題,実験用ネットワークのあるべき姿,技術者や研究者が持つべき視点を聞いた。(45〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4447文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)
update:14/03/27