日経エレクトロニクス 2007/05/21号

チュートリアル エンジニアのための知財常識講座(4)
デザインでも独占権を活用
 今だから身に付けたい基礎知識  エンジニアのための知財常識講座(4)

前回まで解説してきた特許に比べ,意匠や商標に技術者が直接関与する機会は少ない。意匠は工業製品のデザイン,商標は商品やサービスのネーミングであり,これらは通常,技術者ではなく企画やマーケティングの担当者が知的財産の担当者と共同で考案することが多い。(146〜153ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7349文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
update:19/09/26