日経ビジネス 2007/05/28号

時流超流・トレンド 景気深読み
機械受注ショックの行方 熊野 英生[第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト]

 内閣府の「機械受注統計」は、本当に悩ましい統計である。時々、単月のデータが大きく振れて、エコノミストたちの景気判断を撹乱する。2007年3月の機械受注も、民需(除く船舶・電力)が前月比4.5%減、4〜6月の見通しが11.8%減といずれも大幅に悪化した。この数字が実勢を表しているならば、設備投資のトレンドは下を向くことになり、年中の景気再加速に赤色信号が点灯する。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1608文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24