日経コンピュータ 2007/05/28号

業種別フラッシュ 流通 イオン
マイカルとシステム統合し人材を有効活用
イオン

 総合スーパー最大手のイオンは2009年2月期までに、傘下のマイカルと基幹系システムを統合する。重複した業務やシステムを効率化し「人材資源の有効活用」(広報)を図る。間接業務に割いていた人員を店舗での接客や営業に振り替えるほか、従業員の教育コストの削減や自社の戦略に応じた機動的な人材配置を目指す。(30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:460文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム統合
情報システム > 基幹業務システム > 人事管理システム
【記事に登場する企業】
イオン
マイカル
update:18/07/30