日経コンピュータ 2007/05/28号

特集1 経営とITを同期する新4カ条
経営とITを同期する新4カ条 松下の「中村改革」をIT部門はどう乗り切ったか

 ビジネスの足かせになっていないだろうか——。経営方針が大きく転換する時、こういった不安を感じるIT部門は少なくない。景気の回復が進む今が、まさにそうだ。現在、多くの企業は、コスト削減から売り上げ拡大に舵を切っている。IT部門は本来、経営の変化に同期してIT戦略を転換しなければならない。ところが、実際にそうできているか確信が持てない。(43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:707文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 経営とITを同期する新4カ条(43ページ掲載)
経営とITを同期する新4カ条 松下の「中村改革」をIT部門はどう乗り切ったか
特集1 経営とITを同期する新4カ条(44〜48ページ掲載)
松下は「軽くて速   い」を目指す
特集1 経営とITを同期する新4カ条(49〜51ページ掲載)
“吟味”に時間を割く日産
特集1 経営とITを同期する新4カ条(52〜57ページ掲載)
IT部門よ、うつむくな
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:18/07/30