日経コンピュータ 2007/05/28号

インタビュー EMCジャパン 代表取締役社長 兼 米E
「ストレージの時代」は終わった これからは情報そのものが主役
ナイハイゼル エドワード氏 EMCジャパン  代表取締役社長 兼 米EMC バイスプレジテデント

1952年生まれ。ノーザン・ケンタッキー大学史学部卒業後、1978年にインディアナ大学ロースクール修了、JD(Juris Doctor)取得。日本ゲートウェイ社長兼CEO、ゼネラル・エレクトリックの日本とアジア・パシフィックの上級管理職などを経て、2005年1月にEMC入社。日本に25年以上在住EMCは、「情報が主役」という考えに基づいてソフトウエア企業を買収、事業領域を広げている。(58〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4565文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
EMCジャパン
update:18/07/30