日経ビジネス 2007/06/04号

時流超流・トレンド
“新カーナビ”は安全装置 鳴り物入りの実験、市販のハードルは高く

 ETC(自動料金収受システム)と車載のカーナビを連動させた通信システムを利用して交通事故を減らし、自動車の利便性を向上する——。国土交通省と自動車メーカーなど民間企業30社からなる「スマートウェイ推進会議」は5月中旬から、首都高速道路で“新型カーナビ”を搭載した実験車両で、試験走行をしている。 実はこの実験は2年間の蓄積がある。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1270文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
update:19/09/24