日経ビジネス 2007/06/04号

敗軍の将、兵を語る 人
都並 敏史 氏[セレッソ大阪前監督] プロの厳しさ、解任で体現

 ヤンマーのサッカー部を母体とするセレッソ大阪は、天皇杯を3回も獲得したことがある関西の名門です。それが、昨シーズンは成績が振るわずJ1(1部リーグ)から、下部のJ2(2部リーグ)に降格してしまいました。 何が何でも1年でJ1に復帰させてほしい。そう託されて私が監督に就任したのが昨年の12月20日でした。それからわずか半年も経たず、5月7日に私は監督を解任されました。(106〜108ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5114文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
update:19/09/24