日経エレクトロニクス 2007/06/04号

特集1 中国の技術開発力を味方に
「中国のCisco」が世界を制覇する

 中国企業が事業の規模でも技術力でも日本の企業を上回る。その時が刻一刻と迫っている。 目覚しい発展を遂げる中国企業の先頭を走るのは,中国第1位の通信機器メーカー,Huawei Technologies Co.,Ltd.(華為技術)である。同社の売上高は,2007年にNECの通信機器事業の売上高を超える見通しだ。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1723文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 中国の技術開発力を味方に(39ページ掲載)
中国の技術開発力を味方に
特集1 中国の技術開発力を味方に(40〜41ページ掲載)
「中国のCisco」が世界を制覇する
特集1 中国の技術開発力を味方に(42〜46ページ掲載)
「下請け」から「共生」へ,中国企業との関係が激変
特集1 中国の技術開発力を味方に(47〜52ページ掲載)
世界をまたに掛ける中国新興企業,強さの秘訣とまだある弱点
特集1 中国の技術開発力を味方に(53〜56ページ掲載)
独自規格に傾注する中国,TD−SCDMAはついに実用へ
特集1 中国の技術開発力を味方に(57〜59ページ掲載)
中国に溶け込めない日本企業,欧米企業の長期戦略に学ぶ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
中国・華為技術社
update:19/09/26