日経ビジネス 2007/06/11号

有訓無訓 人
しがみつかなければ おのずと道は開ける 興津 誠 [帝人会長(ナブテスコ会長)]

 帝人に入社してから22年目の1984年、私はグループ会社の帝人製機に出向を命ぜられました。「片道ではなく、往復切符だからな」。人事を申し渡した上司からはこう言われましたが、復帰はまずあり得ない、と理解していました。 当時の帝人製機の売り上げ規模は、帝人本体の約10分の1。航空機関連など有望分野もありましたが、主力の繊維機械部門は販売に波があり安定していない。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1406文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
帝人
update:19/09/24