日経ビジネス 2007/06/11号

本 話題の書●パーソナルライフ 敵対的買収
敵対的買収
『敵対的買収』

 かつては日本の風土にはそぐわないと言われたM&A(企業の合併・買収)だが、今では経営戦略の日常的な選択肢の1つとして定着しつつある。著者は、昨年施行された新会社法が、M&Aを含めた柔軟な企業再編の促進に正当性を与えていると指摘する。あらゆる企業にM&Aの好機と、買収される危機が訪れているとも言う。(85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:424文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
update:19/09/24