日経ビジネス 2007/06/11号

技術フロンティア フィーチャー
抗ガン剤(血管新生阻害剤) 中外製薬、仏サノフィ・アベンティス、エーザイ ガン細胞を“兵糧攻め”

 臓器別のガンで患者の数が急増しているのが大腸ガンだ。2005年の大腸ガンの新規患者は約11万5000人。1990年の約6万人からほぼ倍増した。このまま増え続ければ、将来は患者数の最も多いガンになる見通しだ。 大腸ガンは早期に発見できれば、内視鏡を使った手術で切除して完全に治せる。だが発見が遅れると、ガン細胞が腸壁に広がり切除は困難になる。(114〜116ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3951文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 創薬
【記事に登場する企業】
エーザイ
仏サノフィ社
中外製薬
update:19/09/24