日経エレクトロニクス 2007/06/18号

特報
暖房機器などに10年後点検,消安法再改正を目指す経産省
設置工事が必要な機器に絞って検討

 「製品出荷後の安全を担保する事後規制は,事前規制と並んで製品安全を支える車の両輪。今後は事後規制を強化していきたい」─。2007年5月29日に開かれた「第5回 製品安全小委員会」の冒頭で,経済産業省の担当官はこうあいさつした。 2006年12月に改正され,2007年5月14日に施行されたばかりの「消費生活用製品安全法(消安法)」の再改正に向けて,経産省が動き出している。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1324文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
【記事に登場する企業】
経済産業省
update:19/09/26