日経エレクトロニクス 2007/06/18号

特集2
「素人」も太陽電池製造へ,新型品種も続々登場
装置メーカーによる製造ライン一括提供が広がる

図1 世界の太陽電池生産量世界全体の生産量は2003年以降,年率40〜50%の勢いで増加している。日本は,国内の需要が伸び悩んでおり,2007年は横ばいか,わずかに減少する見通し。中国や台湾を含む「その他」の地域での生産量の伸びが目覚ましい。グラフは,資源総合システムの提供。写真は本誌が撮影。(67〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10845文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
update:19/09/26