日経エレクトロニクス 2007/06/18号

解説 学会
「テラ」へ向かう光ディスク,価格でテープに追い付く
Optical Data Storage 2007詳報

光ディスク技術の国際学会「ODS 2007」では記録容量1Tバイトを目指す要素技術の発表が花盛りだった。中でも,複数の光ディスクを1カートリッジに収めることで2.4Tバイトの容量を実現した光ディスク媒体が早くも登場した。容量を高め,単位容量当たりの価格をテープ媒体並みに下げられれば長期保存用途での活躍の場がグッと広がり,光ディスクの将来に光が差す。(101〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7561文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > 光ディスク関連技術
update:19/09/26