日経コンピュータ 2007/06/25号

ニュース&トレンド RFID最前線
UHF帯ICタグの店頭利用が困難に ペースメーカーに悪影響の恐れ、高島屋が利用を断念

UHF帯無線ICタグ・リーダーに対する総務省の新指針が波紋を広げている。リーダーが発する電波がペースメーカーに悪影響を与える恐れがあり、それを警告するステッカを表示せよという内容だ。その指針を受けて、UHF帯の採用を断念するユーザーも出てきた。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1494文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ
【記事に登場する企業】
総務省
高島屋
update:18/07/30