日経コンピュータ 2007/06/25号

特集1 ERPパッケージがなくなる日
SOAが変える常識

 ERP(統合基幹業務システム)パッケージが「パッケージ」でなくなる日が訪れるかもしれない。ERPパッケージ世界第1位の独SAPや、第2位の米オラクルが、SOA(サービス指向アーキテクチャ)に基づいて「サービス化」されたERPパッケージを提供しつつあるからだ。その好例が、SAPが08年にも中堅企業向けERPパッケージの新製品として提供する「A1S(開発コード名)」である。(42〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1408文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 ERPパッケージがなくなる日(42〜43ページ掲載)
SOAが変える常識
特集1 ERPパッケージがなくなる日(44〜45ページ掲載)
オリンパスの挑戦 業務本位で組み合わせて使う
特集1 ERPパッケージがなくなる日(46〜51ページ掲載)
モジュールからサービスへ 先行するSAPとオラクル
特集1 ERPパッケージがなくなる日(52〜53ページ掲載)
SOAの波はSaaSにも 進む既存ソフトとの融合
特集1 ERPパッケージがなくなる日(54〜57ページ掲載)
「組み合わせ」と「短期」が新常識 ライセンス面などに課題も
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
update:18/07/30