日経コンピュータ 2007/07/09号

特集1 “Excelレガシー”再生計画
危機の構図 仕事を間違え、維持もできず

 「運用収支を予想するシミュレーションの計算結果が実際と1億円近くかい離してしまった。間違いに気付いたからよかったものの、このまま投資家に公開してしまったらどうなっていたか。背筋が寒くなり、自分が作ったExcelシステムを捨てようと決意した」。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5119文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 “Excelレガシー”再生計画(41ページ掲載)
“Excelレガシー”再生計画 システム部門が取り組むべき「十箇条」
特集1 “Excelレガシー”再生計画(42〜44ページ掲載)
危機の構図 仕事を間違え、維持もできず
特集1 “Excelレガシー”再生計画(46〜53ページ掲載)
解決の十箇条 システム基盤として徹底利用する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > 特定業務システム > その他(特定業務システム)
update:18/07/30