日経コンピュータ 2007/07/09号

IT投資と外部委託の勘どころ
「効果の定量評価」 カギは可視化と構造化

IT化の重要性を認識し積極投資を続ける企業ほど、効果に対する要求が厳しい。思い切った投資をする一方で、成果を冷静に評価し、どん欲に効果を追求する。確実な効果回収がテコになって、投資がさらに加速する構図だ。事業とITの一体化が進む中で、効果の評価に対する経営の意図は変わり始めている。可視化と定量化を中心に費用対効果の見方について考える。(160〜163ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4933文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
update:18/07/30