日経ビジネス 2007/07/16号

特集 年金だけじゃない参院選 官治国家再び 国
年金だけじゃない参院選 官治国家再び 国民不在・名ばかり改革の罪

 会期延長となった通常国会も幕を閉じ、いよいよ参院選が始まった。与野党ともに、年金問題を最大の争点に据え、激しい選挙戦を繰り広げている。 5000万件に及ぶ年金記録漏れを正常に戻し、社会保険庁を改革することが急務であることは間違いない。ただ霞が関が抱え続けた問題が一組織の不祥事にとどまらないことは、先の緑資源機構による官製談合事件を見ても明らかだ。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:721文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 年金だけじゃない参院選 官治国家再び 国(24〜25ページ掲載)
年金だけじゃない参院選 官治国家再び 国民不在・名ばかり改革の罪
特集 年金だけじゃない参院選 官治国家再び 国 第1章(26〜31ページ掲載)
官業は絶対潰れない
特集 年金だけじゃない参院選 官治国家再び 国 第2章(32〜35ページ掲載)
官僚の反撃 巧妙なその手口
特集 年金だけじゃない参院選 官治国家再び 国 第3章(36〜39ページ掲載)
霞が関は誰のものか
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24