日経エレクトロニクス 2007/07/16号

特報
微細化の進展で脚光浴びる,アナログ回路検証ツール
SPICEと同等の精度で5〜10倍高速化

 新興のEDAベンダーである米Berkeley Design Automation Inc.のアナログ回路/RF回路用検証ツールが,国内外のIC開発メーカーの支持を集めている。2006年に松下電器産業が出資したことで話題を呼んだが,ここにきてユーザー数が急ピッチで増えている。2007年に入り,米QUALCOMM,Inc.や米Atheros Communications, Inc.,新潟精密を含む8社がBerkeley社のユーザーになった。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1329文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
米バークレーデザインオートメーション社
update:19/09/26