日経エレクトロニクス 2007/07/30号

特報 スクープ
故障率40%超のXbox 360,熱設計の不備が原因の公算大
グラフィックスLSIで異常な温度上昇を確認

 10億6000万米ドル(約1300億円)。消費者向けエレクトロニクス製品の不具合対策費としては,恐らく史上最大級の金額である。 米Microsoft Corp.は,同社のゲーム機「Xbox 360」について,特定のハードウエア・エラーを起こした場合の無償修理期間を3年に延長した(図1)。この措置に伴い,対策費として上記の費用を計上した。(7〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4140文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ゲーム機 > ゲーム専用機
エレクトロニクス > 不具合・トラブル(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの不具合・トラブル全般
サービス・流通・生活・文化 > ゲーム > ゲーム専用機
【記事に登場する企業】
米マイクロソフト社
update:19/09/26