日経ビジネス 2007/08/06号

特集 王子とニート 若者を浪費する日本社会 第4章
山田 洋次 氏[映画監督] “寅さんはフリーター時々ニートだった”

 問 「男はつらいよ」シリーズの「寅さん」は、今で言えばフリーター。失恋すると時々ニートにもなります。日本人はそんな寅さんをずっと愛してきました。 答 全くその通り。役立たずで力もカネも能力もなくって、顔も良くない。そういう人間を許容する世の中に、自分たちが「ほっとする」時代でした。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4666文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 王子とニート 若者を浪費する日本社会(24〜25ページ掲載)
王子とニート 若者を浪費する日本社会
特集 王子とニート 若者を浪費する日本社会 第1章(26〜31ページ掲載)
競えないニートに居場所はないですか?
特集 王子とニート 若者を浪費する日本社会 第2章(32〜35ページ掲載)
「起業王子」に群がった大人たち
特集 王子とニート 若者を浪費する日本社会 第3章(36〜41ページ掲載)
企業が若者に伝える 働く喜び
特集 王子とニート 若者を浪費する日本社会 第4章(42〜45ページ掲載)
山田 洋次 氏[映画監督] “寅さんはフリーター時々ニートだった”
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > テレビ番組・映画・演劇
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
update:19/09/24