日経ビジネス 2007/08/06号

技術フロンティア フィーチャー
光ファイバーひずみ検知センサー NTT、アドバンテスト 大規模災害監視の救世主

 普段、自宅や企業などで利用しているブロードバンド(高速大容量)インターネット。この通信基盤を支えているのが、光ファイバーだ。 ガラスなどが原材料の細い繊維でできている光ファイバーは、コンピューターの電気信号をレーザーの光信号に変換し、大容量の情報をやり取りするために用いられる。(134〜136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3497文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > 光ファイバー関連技術
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 検査技術・装置(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
アドバンテスト
NTTアド
update:19/09/24