日経ビジネス 2007/08/06号

編集長インタビュー 人
丹羽 宇一郎 氏[伊藤忠商事会長] 政治主導の改革正念場

 答 最近、特に感じるのは国民が印象とかイメージで物を見るようになってきていることです。政治家が話す中身を検証して、その良し悪しを判断するのは学者や専門家だけ。ほとんどの国民は、見た目とか心に刻まれる言葉とか、そういったもので判断する。 米国の心理学者によると、一般的に話の中身を重視するのは1割ほど。残りは言葉の使い方とか話し手の情熱などで決めるという。(146〜148ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4720文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
緊急特集 敗軍の将、兵を語る 参院選スペシャル(20〜22ページ掲載)
本誌独占 「姫の虎退治」にやられた
編集長インタビュー 人(146〜148ページ掲載)
丹羽 宇一郎 氏[伊藤忠商事会長] 政治主導の改革正念場
敗軍の将、兵を語る 人(150〜153ページ掲載)
[緊急特集]参院選スペシャル
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
update:19/09/24