日経ビジネス 2007/08/06号

時流超流・トレンド
統合で地デジ市場に勝機 ビクターと提携したケンウッド・河原会長の狙い

 日本ビクターとケンウッドは2008年の経営統合に向け、資本業務提携すると発表した。ビクターが実施する350億円の第三者割当増資を、ケンウッドと同社の筆頭株主であるスパークス・グループが引き受ける。ケンウッドの河原春郎会長にビクターと組む狙いなどについて聞いた。 ——舵を取る“船頭”が多すぎて、ビクターの再建がうまくいかない可能性があるのではないか。(156〜157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1088文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 放送サービス > 地上波テレビ放送
【記事に登場する企業】
ケンウッド
日本ビクター
update:19/09/24