日経コンピュータ 2007/08/06号

ニュース&トレンド BCP導入の実際
中越沖地震で生きた「3年前の教訓」 根付いた防災意識、ITを用いた減災も

7月16日午前10時過ぎ、新潟県の柏崎市など中越地方を、またもや大きな地震が襲った。最大震度は6強で、3年前の新潟県中越地震の最大震度7に迫る規模である。しかし現地企業の多くは前回の経験を生かして対策を立てており、被害を抑えることができた。 この3年間で多くの企業が取り組んできたのが、地震などの災害が起きた直後に何をすべきかという「初動体制」の策定だ。(16〜17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2950文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/24