日経エレクトロニクス 2007/08/27号

特報 深層
シャープ,Samsung提訴で,古参特許の再評価を図る
液晶関連製品の輸入・販売差し止めを求める

 シャープが,特許係争の矛先をついに韓国勢へ向けた。2007年8月6日,液晶関連の特許5件を侵害したとして,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.およびその米関連会社を米国テキサス州東部地方裁判所に提訴した。Samsung社が製造した液晶モジュールを使い,かつSamsung社の米国支社が販売する製品の米国への輸入・販売差し止めを求める。 Samsung社は徹底的に抗戦する構えである。(7〜8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2900文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > 液晶ディスプレイ技術
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
【記事に登場する企業】
韓国・サムスン・エレクトロニクス社
シャープ
update:18/07/30