日経エレクトロニクス 2007/08/27号

特集1 透明回路
透明な電子回路でガラスが「働き出す」

一見すると普通のオフィスの窓ガラス。ところが紫外線で発電する太陽電池や赤外線反射機能,そして発光機能などを備えている。昼は太陽電池で発電しながら赤外線を反射,ただし冬は赤外線を透過して省エネルギーを図る。夜は液晶シャッターで外に明かりが漏れないようにした壁照明,と状況に応じた使い分けができる。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:552文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 透明回路(39ページ掲載)
透明回路
特集1 透明回路(40〜41ページ掲載)
透明な電子回路でガラスが「働き出す」
特集1 透明回路(42〜46ページ掲載)
透明トランジスタが新しい電子機器を牽引へ
特集1 透明回路(47〜52ページ掲載)
まずは次世代電子ペーパーから,透明TFTで高精細を実現
特集1 透明回路(53〜57ページ掲載)
p型が開く新しい扉,多結晶Siの代替も視野に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > その他(CPU・LSI製品・技術)
update:19/09/26