日経ビジネス 2007/09/03号

特集 ルールなき行政介入 事後規制に負けない!
ルールなき行政介入 事後規制に負けない! 達観する会社

 英会話教室のNOVA、人材派遣のフルキャスト、訪問介護のコムスン、気象情報のウェザーニューズ——。 今年に入って、業界最大手か2番手企業が監督官庁から事業停止命令など極めて重い処分を受けている。事前規制の緩和という流れが加速し、今、“事後チェックバブル”とも言える時代に突入した。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:631文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ルールなき行政介入 事後規制に負けない!(26〜27ページ掲載)
ルールなき行政介入 事後規制に負けない! 達観する会社
特集 ルールなき行政介入 事後規制に負けない! 第1章(28〜33ページ掲載)
ルールなき「事後規制社会」
特集 ルールなき行政介入 事後規制に負けない! 第2章(34〜37ページ掲載)
強大化する「旧大蔵軍団」 処分先行組はさらに権限強化へ
特集 ルールなき行政介入 事後規制に負けない! 第3章(38〜43ページ掲載)
原点回帰こそ成長の糧
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
update:19/09/24