日経コンピュータ 2007/09/03号

特集1 「J−SOX」10の盲点
IT統制 3大項目は想像以上に大変

 内部統制の整備において、システム部門が中心となって行うのがIT統制だ。以前から、職務分掌、アクセス管理、変更管理がIT統制の重要なポイントと指摘されてきた。実際、米SOX法対応企業のシステム部門は一様に、これらへの対応が大変だったとする。しかも、重要だと分かっていながらも予備監査や本番監査で指摘されたのは、やはり、この3点が中心だった。(46〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6989文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 「J−SOX」10の盲点(38ページ掲載)
米SOX法対応企業はここでつまずいた
特集1 「J−SOX」10の盲点(40〜42ページ掲載)
現実 SOX法対応の増員、新規予算はなし
特集1 「J−SOX」10の盲点(43〜45ページ掲載)
準備 初期の見落としで遅延
特集1 「J−SOX」10の盲点(46〜51ページ掲載)
IT統制 3大項目は想像以上に大変
特集1 「J−SOX」10の盲点(52〜54ページ掲載)
監査 100点を取る必要はない
特集1 「J−SOX」10の盲点(55ページ掲載)
J−SOX対応で知っておくべき用語
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
ワーナーミュージック・ジャパン
update:18/07/30