日経コンピュータ 2007/09/03号

特集1 「J−SOX」10の盲点
監査 100点を取る必要はない

 IT統制を整備・運用しても、監査人に“有効”と評価されなければ意味がない。また、「監査そのものが(システム部門の)通常業務に支障をきたすほど時間がかかる」(京セラの藤田部長)ため、効率的に監査を受けられるようにすることも重要だ。(52〜54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3851文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 「J−SOX」10の盲点(38ページ掲載)
米SOX法対応企業はここでつまずいた
特集1 「J−SOX」10の盲点(40〜42ページ掲載)
現実 SOX法対応の増員、新規予算はなし
特集1 「J−SOX」10の盲点(43〜45ページ掲載)
準備 初期の見落としで遅延
特集1 「J−SOX」10の盲点(46〜51ページ掲載)
IT統制 3大項目は想像以上に大変
特集1 「J−SOX」10の盲点(52〜54ページ掲載)
監査 100点を取る必要はない
特集1 「J−SOX」10の盲点(55ページ掲載)
J−SOX対応で知っておくべき用語
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
京セラ
リコー
update:19/09/24