日経コンピュータ 2007/09/03号

ネットワーク・セキュリティ最新実践講座 [第11回 組織内対策組織 CSIRTの
CSIRT構築は8段階でカギ握るのは「現状把握」

防衛庁(現防衛省)、民間IT関連企業などに勤務した後、2005 年から現職。組織内CSIRTの啓発活動、日本国内の企業文化にあったCSIRTの追求および日本国内で不足しているCSIRT関連ドキュメントの作成などに注力しているコンピュータ・セキュリティ・インシデントへの対応体制である「組織内CSIRT」が必要になってきた背景とその役割を解説した前回に続き、今回は構築方法を紹介する。(190〜195ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7042文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/24