日経ビジネス 2007/09/17号

時流超流・トレンド
中央研究所を創薬VBに ファイザー、リストラの渦中で独立を支援

 業績不振に陥り、今年1月、全世界で約1万人の人員削減を実施すると発表した米ファイザー。このリストラ計画に沿って、日本法人の中央研究所(愛知県武豊町)を含む世界5カ所の研究所を閉鎖する。 製薬世界最大手のファイザーは売り上げ急減が避けられない状況に追い込まれている。総売上高の3割近くを占める高脂血症薬「リピトール」が2011年6月以降、各国で特許切れとなる。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1646文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
米ファイザー社
update:19/09/24