日経ビジネス 2007/09/17号

技術フロンティア フィーチャー
土壌汚染浄化の最新技術 テルム、東芝、鴻池組、清水建設、日清製粉 水蒸気の力で汚染を浄化

有害物質に汚染された土壌の浄化技術の開発競争が激化している。東芝の子会社、テルムはPCB汚染土壌の浄化設備の操業を8月に開始。清水建設と日清製粉は、セメント汚泥を無害化する技術を共同開発した。 重金属や農薬などの有害物質が土壌中に混入する「土壌汚染」。2002年に汚染を発見する手続きを定めた「土壌汚染対策法」が制定されて以降、発覚件数がうなぎ登りに上昇している。(112〜114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3809文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
【記事に登場する企業】
鴻池組
清水建設
テルム
東芝
日清製粉
update:19/09/24