日経コンピュータ 2007/10/01号

ニュース&トレンド 実践!内部統制
リコー、IT全般統制にISMSを生かす 内部監査の項目を一体化し作業の重複を排除

ニューヨーク証券取引所に上場するリコーは、米SOX法(2002年サーベインズ・オクスリー法)対応で1度目の監査を終えた。2004年12月に認証を受けた「ISMS」を生かして情報セキュリティ関連の統制を進めるなど、IT全般統制の整備の効率化を図っている。 リコーが米SOX法対応に着手したのは04年のこと。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1457文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 規格・法令(情報システム) > 情報システム関連の規格・法令全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 情報システム関連の規格・法令全般
【記事に登場する企業】
リコー
update:18/07/30