日経コンピュータ 2007/10/01号

特集1 崩れるデータ品質
崩れるデータ品質

 社会保険庁の消えた5000万件の年金記録、業界全体を巻き込んだ生損保の未払い・過払い、株式の誤発注による巨額の損失ーー。これらの事件・事故はすべて、「質の悪い」データが引き起こした。間違いや漏れ、重複といったデータの品質劣化は、システム、ひいては企業経営に大きな影響を与える。 品質を劣化させたデータが関係する問題はさまざまだ。(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:954文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 崩れるデータ品質(44〜45ページ掲載)
崩れるデータ品質
特集1 崩れるデータ品質(46〜49ページ掲載)
データ品質は必ず劣化する
特集1 崩れるデータ品質(50〜57ページ掲載)
設計、入力、運用で闘う
特集1 崩れるデータ品質(58〜61ページ掲載)
目指すは「データ優良企業」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:18/07/30