日経コンピュータ 2007/10/01号

特集1 崩れるデータ品質
データ品質は必ず劣化する

データが不正確、定義や意味が人や組織ごとにバラバラ、想定外のものが混じっている——。多くの企業に存在する「データの品質問題」。どれだけ気を遣っても、時間の経過とともにデータの品質は必ず劣化する。放置しておけば企業を根幹から揺るがしかねない。問題の根は深い。 「一連の問題は、情報システムにかかわるすべての人間にデータ品質の重要性を改めて突き付けている」。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4663文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 崩れるデータ品質(44〜45ページ掲載)
崩れるデータ品質
特集1 崩れるデータ品質(46〜49ページ掲載)
データ品質は必ず劣化する
特集1 崩れるデータ品質(50〜57ページ掲載)
設計、入力、運用で闘う
特集1 崩れるデータ品質(58〜61ページ掲載)
目指すは「データ優良企業」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:18/07/30