日経コンピュータ 2007/10/01号

特集1 崩れるデータ品質
設計、入力、運用で闘う

入力時のチェック、データを一元的に扱う仕組みの整備、システムの設計での工夫、データの管理手順や教育体系の整備。これらの取り組みを効果的に組み合わせることで、データの品質は確実に高まる。JALやキヤノン、P&G、キリン・グループ、ノーリツなどの取り組みをレポートする。 データ品質の問題に着目し、少しでも劣化を防ぐためには、どうすべきなのか。(50〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8811文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 崩れるデータ品質(44〜45ページ掲載)
崩れるデータ品質
特集1 崩れるデータ品質(46〜49ページ掲載)
データ品質は必ず劣化する
特集1 崩れるデータ品質(50〜57ページ掲載)
設計、入力、運用で闘う
特集1 崩れるデータ品質(58〜61ページ掲載)
目指すは「データ優良企業」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
キヤノン
キリンホールディングス
日本航空
ノーリツ
プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インク(P&G)
update:18/07/30