日経コンピュータ 2007/10/01号

CIOの決断〜トラブルは終わらない〜 最終回
本来の姿
最終回

前号までのあらすじ JUAS産業の社長に就いた浦山は、運用コストの半減を命じる。創業者の息子である福井CIOは、運用子会社を切り出し、ベンダー、中堅スーパー・マーケットを加えた3社の協同出資会社を設立するプロジェクトを進める。ところが、運用共同化の弊害が顕在化。浦山は共同出資契約の解消を前提に、CIOを交代させる。 CIO室は社長室の隣だった。浦山の配慮である。(276〜279ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5332文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:18/07/30