日経ビジネス 2007/10/08号

時流超流・トレンド
国家の品格「もっと議論を」 テロ特措法問題、川口元外相に聞く

 10月1日に所信表明演説をしたばかりの福田康夫政権に、最初の難関が迫っている。11月1日に期限切れとなるテロ対策特別措置法の問題だ。参議院で過半数を握る民主党は、期限の延長や代替の新法案に反対の姿勢。インド洋でのテロ活動阻止に当たる各国艦船への自衛隊の支援活動は継続できなくなる公算が大きい。日本は国際社会でどんな役割を果たすべきなのか。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1717文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
【記事に登場する企業】
参議院
民主党
update:19/09/24