日経ビジネス 2007/10/08号

特集 活路を拓く●メード・イン・“グローバル”
メード・イン・“グローバル” モノ作り再興 さらば自前主義

 自らの技術に絶対の信頼を置き、日本を「マザー工場」「知の中核拠点」とするグローバル展開を進めてきた日本の製造業。モノ作りに対する自信があればこその自前主義、国内優位の生産体制だった。 だが、そこに陥穽があった。気がつけば今、様々な分野で品質問題が勃発。モノ作りの先進性という土台すら揺らぎ始めている。世界を基準にすれば、その事実はいっそう明白となる。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:601文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 活路を拓く●メード・イン・“グローバル”(24〜25ページ掲載)
メード・イン・“グローバル” モノ作り再興 さらば自前主義
特集 活路を拓く●メード・イン・“グローバル” 第1章(26〜31ページ掲載)
強さは世界で磨く
特集 活路を拓く●メード・イン・“グローバル” 第2章(32〜34ページ掲載)
「日の丸連合」の挫折
特集 活路を拓く●メード・イン・“グローバル” 第3章(35〜37ページ掲載)
モノ作り開国の好機
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
update:19/09/24