日経ビジネス 2007/10/08号

本 新刊の森●パーソナルライフ ゆうちょ銀行
郵政民営化の危うい船出
『ゆうちょ銀行』

 郵政民営化問題への国民の関心は、小泉純一郎政権の幕引きの時点から失われたままのように見える。朝日新聞の記者としてこの問題を追い続ける著者らは、今年10月から民間企業として市場に解き放たれた4つの企業、ゆうちょ銀行(郵便貯金銀行)、かんぽ生命保険(保険事業会社)、郵便事業会社、郵便局会社の前途に克服し難い課題が山積していると警鐘を鳴らす。(71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:634文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
ゆうちょ銀行
update:19/09/24