日経エレクトロニクス 2007/10/08号

特報 深層
FeliCaの巨額侵害訴訟,争点は文言の解釈か
ソニーとJR東日本,計20億円を請求される

 日本人の生活に深く浸透しつつある非接触ICカード技術「FeliCa」。この技術をめぐり,請求額20億円という巨額の特許侵害訴訟が起きた。個人発明家で知られる日本システム研究所 取締役社長の松下昭氏は,FeliCaを開発したソニーおよび,同カードを採用する「Suica」サービスを手掛けるJR東日本を提訴した。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1408文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
情報システム > RFID(ICタグなど) > スマートカード(ICカード)
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
【記事に登場する企業】
JR東日本
ソニー
日本システム研究所
update:19/09/26