日経エレクトロニクス 2007/10/08号

特報
10倍高速になる「USB 3.0」,専用信号線を2対追加
光伝送も視野に入れる

 米Intel Corp.,米Microsoft Corp.,NECなど6社は,現行USBの10倍以上の転送速度を実現する次世代インタフェース「USB 3.0」を共同で規格化する注1)。6社はその推進団体として,USB 3.0 Promoter Groupを組織した。2008年前半にも仕様をまとめ上げる方針だ。25Gバイトの動画を70秒で 策定中のUSB 3.0に関して,これまでに明らかになっているのは以下の点である。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2602文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > その他(通信・インターフェース技術・規格・プロトコル)
【記事に登場する企業】
米インテル社
NEC
米マイクロソフト社
update:18/07/30