日経ヘルスケア 2007/10号

NEWS
コムスンの全介護事業の引き受け先が決定
居宅サービスは14事業者に分割譲渡、高級型有老ホームはゼクスが承継

 (株)コムスン(東京都港区)の介護事業の譲渡先を検討していた第三者委員会(堀田力委員長)は9月4日、訪問介護や居宅介護支援などの居宅サービス事業の売却先を47都道府県ごとに決定した(表)。引き受け先として応募のあった252事業者の中から14事業者を選定し、このうち5事業者を複数の都道府県の承継法人に選んだ。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1274文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
【記事に登場する企業】
コムスン
ゼクス
update:18/07/30