日経ヘルスケア 2007/10号

Diary 9月3日
福祉用具の販売品目拡大も 厚労省の検討会が初会合
9/3/mon

 厚生労働省の「福祉用具における保険給付の在り方に関する検討会」の初会合が開かれ、給付の見直しについての議論がスタートした。現在、福祉用具の給付方式には貸与と販売の2種類があるが、いずれも公定価格はなく事業者ごとに定めた価格に対して9割が給付されている。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:369文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > 看護・介護 > 看護・介護機器
【記事に登場する企業】
厚生労働省
update:14/03/26