日経ヘルスケア 2007/10号

介護ビジネストピックス
太平洋興発が北海道で有老ホーム事業を拡大
高齢夫婦世帯の増加や介護療養病床の廃止で需要の増加見込む

 不動産業の太平洋興発(株)(東京都中央区)は、北海道で有料老人ホーム事業を拡大する。今年11月に道内で同社初となる介護付き有老ホームを釧路市に開設し、来年以降、帯広市や札幌市などにも事業を広げる方針。独居高齢者や高齢夫婦世帯の増加に加え、2011年度末の介護療養病床の廃止により将来の介護施設の不足が予想されることから、有老ホームの需要が高まると判断した。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:523文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
【記事に登場する企業】
太平洋興発
update:18/07/30